新しいマンション

不動産を売却する場合には、まずその相場を知る必要があります。
査定を行うにはサイトにおいて不動産の一括査定を行えるところがありますのでおおよその額を知ることが出来ます。
もっと詳しくその額を知りたい場合にはその中から何社か信頼できる会社を絞り込み、現地を実際に調査してもらい、環境や実情との違いなどを補正して出すことができます。
流通近代化センターの提供する価格査定マニュアルは不動産業者が利用するもので、これは一般人も記入することでおおよその査定の額を算出することができます。
又、不動産の鑑定評価を行う専門家に不動産鑑定士があります。
有料ではありますが不動産鑑定評価基準に従って3つの手法を併用しながら根拠のある算出を行ってもらえます。
一括査定においてはその価格にある程度の幅が出ますが、これは3ヶ月程度の期間で売却できることを前提にしています。
中にはより高い買取価格を提示されるケースもありますが、販売価格は購入者が決めるのであって売り急ぐ場合にはかえって売却に期間を要することにもなります。
しかし査定の価格よりも販売価格を高く設定しても売れる場合はあります。

複数の業者に見積もりを

いざ不動産を売却しようと思っても、いくらで売れるか、いくらで売り出せば良いかと悩むはずです。
とりあえず、不動産業者に相談に行けば良いかと思っていませんか。
おそらく相談に行けば、その業者に販売を依頼することになるでしょう。
査定に基づき販売価格のアドバイスをもらい、随分安いなと思いながらも、今の時代はそんなものかと、安易に依頼してしまうでしょう。
もっと業者を回ったとしても、あと2軒も回ればせいぜいでしょう。
販売価格についてのアドバイスを受けるために、何軒もの業者を回るのは、体力的にも、精神的にも、時間的に大変なはずです。
しかし、少しでも高く売るためには、多くの不動産業者の査定額やアドバイスを受けるべきです。
ほとんどの不動産業者は、無料で査定を行っています。
大事な財産を売却するためには、自分自身が納得出来なければ後で後悔する事になります。
業者の中には、早く売却して手数料が欲しくて安く査定する者、販売の依頼が欲しくて高く査定する者もいないとは限りません。
より多くの査定を取ることで、その不動産の標準的な価格の判断ができるはずです。
不動産業者を訪問しなくても、ネットでは複数の業者に一括査定を依頼できるサイトがありますので、標準的な販売価格を知るために利用すると便利です。
無料で行ってもらえ、しつこい営業なども一切ありません。
賢い不動産売却には、実勢価格の把握をして上で、信用できる業者へ販売を依頼することです。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
BACK TO TOP